2010年1月24日日曜日

New Silver Solution 関連情報

ケムトレイル気象操作掲示板より転載


Re: 知人の栄養士の話 - N・G 
2010/01/24 (Sun) 01:42:20
優希さん

>シルバーソリューションの件、ありがとうございましたm(_ _)m
消費期限は特にないとの事でしたので、セット以外に数本揃えました。

ニュートロニックスジャパンの仲宗根さんから「ブログを拝見した方々から何通か連絡をいただき、ご注文も承りました。有難うございます。」というメールを頂いておりました。

先日、秘目麻呂さんに「New Silver Solution のメカニズム」について翻訳して頂いた内容をアップしておきますね。

-----------------------------------------------

コロイド溶液をスーパーチャージし、銀原子の外側2つの電子を抜き取り不安定な状態とする。すると、とても強力な陽イオンが残され、なんとか分子レベルでの安定性を保とう模索する。

病原菌がこのコロイド銀に接した時、自らの陰イオンを提供すると共に細胞壁が裂傷してしまい死滅する。

他のコロイド銀や銀イオンが1つの電子しか抜き取らないのに対して、NSSは強制的に2つ取り去ることでより強力になる。

-----------------------------------------------

なぜプロバイオテック(良い菌)は損傷させないのか?

プロバイオテック(乳酸菌などの微生物)の細胞壁は病原菌や細菌よりも厚いのでNSSの影響を受けない。

-----------------------------------------------

と言う事でした。




 Re: 知人の栄養士の話。- N・G 

2010/01/24 (Sun) 01:47:40
それから「人間にとって安全であるということを証明されるナノ銀 Keith Moeller, American Biotech Labs - Copyright 2009」
という文章を私が機械翻訳してみたものをアップしますね。

Introduction

多くの誤報は、ナノ銀の製品が安全性を見つけるため検査されなかった、そして、製品が人々か環境にどんな影響を及ぼすかもしれないかは知られていないと主張しているメディアから発表されました。

これらの銀の製品が重金属中毒を引き起こすことがありえるとも述べられました。

ナノ銀に対するこの攻撃のほとんどは、もしあるなら(あるとしても)、も、正当性がありません、そして、より重要なことに、無料の権利があり、安全な銀製品を使用する人数を制限することは何か他の目的を持つ特別利益団体の仕事になっています。

アメリカの生物工学研究室は、ナノ銀テクノロジー製品の安全性および有効性を試験することに何百万ドルも使いました。

-----------------------------------------------

新しい銀のソール技術の翻訳は以下で確認して下さい。

http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,eCR-EJ,bT,hT,uaHR0cDovL251dHJvbml4LnR5cGVwYWQuY29tL3NpbHZlcl9zb2xfdGVjaG5vbG9neS8yMDA5LzA5L25hbm8tc2lsdmVyLXByb3Zlbi1zYWZlLWZvci1odW1hbnMuaHRtbA==,qlang=ja|for=0|sp=-5|fs=100%|fb=0|fi=0|fc=FF0000|db=T|eid=CR-EJ,k6cc9539faa83447bdc2782c6938f5663,t20100111022703,

各項目をリストしておきます。

・導入
・EPA登録
・家と環境にとって安全なナノ銀
・ナノシルバーTested For Cyto-毒性(それは、ヒト細胞を害しますか?)
・摂取されたナノ銀毒性研究
・導入されたナノ銀毒性学科
・ナノ銀は、生菌か親しみやすい消化バクテリアを殺しますか?
・銀は、重金属中毒を引き起こしますか?

※銀が有毒なネフロパシーまたは重金属中毒を引き起こすことがありえるという主張は、似非科学者と制服を着たニュースメディアによってなされています。声明 は、銀について最も基本的な科学的な知識の完全な不足さえ示します。

・米環境保護庁は、RfDか口の毎日の銀の摂取量制限を確立しましたか?
・口頭の銀の消費は、ガンを引き起こすことがありえますか?

※多数の似非科学者によって、銀の長期使用が若干の形またはもう一つでガンを引き起こすことがありえることが示唆されました。声明は間違っています。

・銀は、細胞が突然変異する原因になることがありえますか?
・欧州委員会は、銀の口頭の補助食品使用がそうするDetermanedに安全でいさせます!
・なぜ、何通かの否定的な歴史のレポートが、銀の製品の使用にありますか
・我々の家と家族を保護する最も安全な手段
・病原体に対して効果的であるということを証明されます
・個人的な利用
・結論

New Silver Solution US特許7135195

http://patft.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect1=PTO1&Sect2=HITOFF&d=PALL&p=1&u=%2Fnetahtml%2FPTO%2Fsrchnum.htm&r=1&f=G&l=50&s1=7,135,195.PN.&OS=PN/7,135,195&RS=PN/7,135,195

NASAの文書
http://supernaturalsilver.com/images/stories/Silver_Nasa_Technical_Study.pdf

-----------------------------------------------



Re: 知人の栄養士の話。 - N・G 
2010/01/24 (Sun) 01:48:58
さてはてメモ帳では癌を誘発するウィルスがワクチンに混入されて意図的に人々に接種させていた事実を暴露した論文の紹介記事が載っていました。

先日私がアップしたDavid Icke in Japanの記事にも「ガンは真菌であり、治療可能だ」というのがあります。この中で

「テロから一般大衆を守る」ために、私たちの自由が日ごとに奪われていく一方で、これらの人々全員が、例の血族たちとその製薬カルテルが治療することを組織的に拒んでいるその疾患により、毎年苦しみ、死んでいく。…中略…「ほぼ全てのガンは今すぐ治療可能です。それに関する情報はロックフェラー研究所内のファイルにあるが、それが今後公開されるべきと判断される可能性は薄いでしょう。」…ガンの症状に対し、破壊的な薬、細胞や人体を殺す化学療法のような劇薬によって処置することで莫大な富を得ている以上、大手製薬会社はそれを治療したいという願望を持っていない。だが、本来それはお金のためですらない。例の血族は人口削減の方法として、人々が必要以上に早く苦しんで死んで欲しいのだ。

そうしたわけで、製薬大手陰謀グループの外部の誰かが効果的なガンの処置法を発見すると、医療体制派や政府機関にすぐさま目を付けられるのである。」

という文があります。ここで言う癌を治療する方法の一つにイタリアの医師トゥリオ・シモンチーニ(Tullio Simoncini)の開発した重炭酸ナトリウムを使う方法があり、そしてNew Silver Solution等の方法があるのだと思います。

これらの技術がロックフェラーが操る優生学推進組織、家族計画連盟(Planned Parenthood)にょって封印されたり制限を受けたりしているのは確固たる事実のようです。

ケムトレイルによる散布やワクチンによる接種でウィルスに感染しても対抗出来る方法を確保しておくのは実に賢明な生き方ですよね。

私は今、さてはてメモ帳の過去記事を整理しているところです。




Re: Re: 知人の栄養士の話。 - 優希 
2010/01/24 (Sun) 02:44:54
>N・Gさん
仲宗根様やニュートロニックスの方々には迅速、丁寧に対応していただきました。

秘目麻呂さん、お見かけしませんがお元気なのですね!

重要な内容をアップしていただきまして、ありがとうございますm(_ _)m

>>安全な銀製品を使用する人数を制限することは何か他の目的を持つ特別利益団体の仕事になっています。

( ̄ー+ ̄)フッ
たくさんの人に使われたら困る訳ですね!

やっぱりガンも治せる病気…
前に妹に「これだけ医学が進んでるのに、なんでガンは治せないんだろうね」と言ったら「本当はガンを治す薬もあるんだよね。でも人口が増えちゃうから使わないんだよ」と言ってた事がありました。

>>製薬大手陰謀グループの外部の誰かが効果的なガンの処置法を発見すると、医療体制派や政府機関にすぐさま目を付けられるのである。

子宮頸ガン予防ワクチンは目を付けられなかった…
奴らにとって都合のいい(人口を増やさない為の)ワクチンだって事が良くわかりますね!



まだ安全性が未確認だと思います - かにめし 
2010/01/24 (Sun) 10:38:41
新しい銀のソール技術の説明文中で、細胞毒性と皮膚への影響については、調査中であると分かりました。

また、対立する意見の研究者に対し、似非科学者(pseudo-scientists )とレッテル貼りで批判する姿勢は、自ら科学者としてのスタンスを疑わせるもので、自説の内容を貶めている感じがします。

NSSがUS特許を認可された時点では、まだナノ銀の毒性に対する解明の研究が浅かったと思います。

今後、各国でナノ製品に対する規制が強化されてゆく流れは、消費者問題・公害反対運動・自然保護運動に共感する人々の、共通した意志でも有る筈です。企業や政治団体などから、資金援助を全く受けていない市民運動や公的な調査研究機関まで、一色単に「特別利益団体」とレッテルを貼って非難するのは、暴論の極みです。

デービッド・アイク氏のガン治療についての論説は、その通りだと思います。ガンの治療法としては、そのほかにビタミン・繊維質などの摂取による食事療法や、漢方・気功などを用いた治療法なども紹介されています。

ナノ銀が、脳などへの神経毒性を引き起こす研究報告が、発表されましたので、ご参考までに掲げます。
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/nano/ehn/ehn_100121_nanosilver_nerve_cell_toxicant.html

ナノ銀の生態系や人への影響と、その規制について。
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/nano/project/nano_silver.html



0 件のコメント:

コメントを投稿