2009年11月22日日曜日

DNAアクティベーションについて

DNAアクティベーションについて
スピリチュアルな覚醒の為の研究・健康

現在では最新の電子顕微鏡によって生命の元である細胞内のDNA構造を見ることが出来ます。DNAはどのように配列しているのでしょうか?老化、そして病気の原因とは何でしょうか?それをいつかは発見することになるのでしょうか? 答えはYes!です。

未知なる細胞のメカニズムとその中のDNAが人間の身体と精神の方向性を保っています。この瞬間にも、あなたの身体は幾兆もの情報を電子的、科学的、そして心理的に処理しています。セルラー・インテリジェンス(細胞の知性)の年齢は私達にかかっています。それは私達がその素晴らしい才能とその恩恵について理解する時のことを言っています。


 "What's above, so is below" holds a greater meaning than most of us know. It refers to Divine Intelligence! The age of Cellular Intelligence is upon us."
    

細胞・信念、そして認識力

受胎した瞬間から、身体の内部のDNAのコンピューターは起きた全ての出来事の記録を始めます。感覚によって、または外的環境(観察、信念、トラウマ、出来事、条件、社会的概念)などから作り出された感覚が細胞とDNAに 登録、集約されます。また真理的な道具である「信念」と知覚という認知機能が活用される準備を整えていることも重要です。このようにして一人ひとり、独自 の人生が始まり、信念という空っぽの倉庫に認識したもの、経験したものを詰めていきます。受胎後、あなたが作り出した、認知した全ての感情、感覚が細胞の 中に登録されています。

研究者

全般的に見て、私達は私達その環境であると言えます。細胞レベルで、たんぱく質受容体を通して意識的、また無意識に全ての環境情報を細胞に入力しています。これらの受容体は細胞のアンテナとしての機能をもっていて、外部の情報を受け入れます。細胞生物学者であるBruce Lipton(ブルース・リプトン)博士はこれらのたんぱく質受容体の役割と、生きている細胞内でたんぱく質を再生させ、同時にその外部の環境に合わせて細胞の行動を順応させるアミノ酸の連鎖について明確に定義しています。

成 長しながら、あなたは過去と未来を創り出しています。意識的、また無意識的に人生を過去の記憶や未来への期待で満たしていっています。このように試練や間 違いを勧めながら、人は学び、情報を集めます。役に立つ情報もあれは、そうでないものもあります。私達は食べ物だけでなく、認識し、経験したものによって 自分自身を形成しているのです。



Cross-Section of the cell's membrane with Protein Cell Receptors serving as antenna or perception instruments. Better be careful what you think!



1997年からDr.ロバート・ジェラルドはDNAアクティベーションと呼ばれるこのテクニックによる心理的影響を開発しています。この安全で効果的なテクニックは世界の4万人もの人々の人生を改善してきています。

このDNAアクティベーションは談話プロトコルにより意図と想像、そして心の感情、例えば情熱などを統合させていく方法です。「DNAを変え、人生を変える」において、Dr.ジェラルドはこのユニークなテクニックとその他のテクニックを組み合わせることで精神と身体のコミュニケーションを育てる結果となることを述べています。

"It is well established in the molecular biology community, but unknown to most people, is the fact that the primary structure of DNA does actually change," (Hartman, 1975; Wintersberger, 1991).
       
DNAア クティベーションはセルフ・エンパワーメントのツールとして役に立ちます。一度行なうと、永遠に続くインプリントとして残り、それが変化を自動的に促す触 媒となります。その為、肉体、精神体、感情体、またスピリチュアル体が継続的に浄化され、自然に再生されることになります。肉体、精神に対して行なわれる 無害の、自然なプロセスが数年かけて続く微細な変革を作り出します。


"We must learn that just as our cells absorb its environment, change, and adapt us, the process can be reversed. The difficulty here is not based on the process, but the hard core social belief that this process cannot be done."





決意

・いらない信念や社会的条件、機能していない人生設計、感情、そして病気などをどのようにしたら取り去ることが出来るだろうか?

・自分自身の細胞の行動をどうやって変えればいいのだろうか?
答えは簡単です:自己啓発、自己ヒーリングの世界で認識、思考優先のメカニズムを変えることです。私達は今、そのサポートやガイダンス、そして信頼できるテクニックを手にしています。

重要な問題はもっと微妙なもので、細胞やそのDNAがどのようにコミュニケーションをとるかを学ぶことです。一度理解すれば、言われたことを聞くだけで人生のミステリーが開かれていきます。その後、この本のテクニックを応用してあなたのDNAが変わり、同じように人生そのものも変わっていくことになります。

この世界、そして私達の人生は急速に変化しています。時間が次々と目の前から姿を消していくようです。「終末の時」の予言は全て私達のことで、人々は「今、何が起きているのだろうか?」、そして「何故?」と問いかけています。

人 類にとって次元的飛躍の時が来ています。自分自身の精神的、肉体的な健康状態を他人に依存した状態にしてしまっています。その人が言うことに左右され、そ れば間違っていても従ってしまうのです。常に「そう言われている。」ことに従うのです。自分の心と語り、喜びをもたらすものを人生に作り出す、また健康に ついて取り組むには自分自身が不可欠な要素です。今、その時が来ています。自分自身の中で人生を進める責任を持ってください。自分自身を成長させる能力が あることを知ってください。人は自分自身のDNAや現実を変えるための意識的な意図、そしてサトル(微細な)エネルギーを持っています。自分自身を活性化させ、神聖なる自己を認識してください。そして成り得るすべての自分になりましょう。

今こそ、DNAを変え、人生を変える時です!

In Love and Service to Humankind
-Oughten House: its members, staff, and volunteers

0 件のコメント:

コメントを投稿